インフルエンザの予防には良い睡眠が重要!マスクは予防効果なし?

睡眠
スポンサーリンク

冬になると猛威を振るうのが、インフルエンザです。

ひとたびかかってしまうと、高熱が出て体もだるくなり、大変なことになりますよね。できることなら、かからずに冬を乗り切りたいものです。

しかし、毎年なぜか必ずインフルエンザにかかってしまう人がいますよね。一方で、予防接種をしていなくても、かかったことがないという人もいます。

なぜ人によってこうも差が出るのか、その理由に、「睡眠」が関係しているとの説があります。

ここでは、インフルエンザと睡眠がどう関係するのか、インフルエンザを防ぐ方法にはどんなものがあるのかなどを紹介します。

正しい情報を得て、冬も健康的に元気に過ごしましょう!

スポンサーリンク

インフルエンザの予防に「良い睡眠」が重要!

インフルエンザにかかってしまった人にアンケートを行った結果、睡眠不足を感じている人が多かったとの調査があります。

睡眠と、インフルエンザを含む体調不良には、大きな関係があることは間違いないようです。

睡眠中、体内では成長ホルモンが分泌されています。これが体の免疫力を高めてくれます。

しかし睡眠不足の人は成長ホルモンが少なくなり、体の免疫力が落ちてしまうため、インフルエンザに感染しやすくなるそうです。

また、ただ布団に長時間入っていれば良いというのではなく、「質の良い睡眠」をとることが重要とも言われています。

特に、寝ついてから3時間に深い睡眠をとることで、効率よく成長ホルモンの分泌が促せるそうです。

睡眠時間が足りていない人はもちろんのこと、夜、眠りについてもすぐに目が覚めてしまうという人も、免疫力が下がっているかもしれません。

入浴時間などの工夫でさらに効果アップ

では、質の良い睡眠とはどうやったら得られるのでしょうか。

そのためには、体温を高めることが重要と言われています。

まず、寝ようと思っている時間の1時間前くらいにお風呂に入りましょう。38℃40℃くらいのお湯に15分ほどつかり、体の深部までしっかり温度を上げることが大切です。

お風呂から上がると、体温は徐々に下がっていきます。就寝時間の1時間後くらいになると、ちょうど眠りやすいところまで体温が下がってくるそうです。

この状態で布団に入れば、気持ちよく眠れるようになります。

なお、熱いお風呂に入ってしまうと、体が覚醒して逆効果になるので注意してください。

また、お風呂に入る時間をとるのが大変という人は、寝る30分前くらいに首元を温めると良いようです。これだけでも、深い睡眠に入りやすくなります。

インフルエンザの予防に効果があるその他の手段

睡眠を改善する以外にも、インフルエンザの予防につながる対策はたくさんあります。

最も簡単に行えるのは、帰宅後の手洗いやうがいです。

手は水でパパッと洗うのではなく、石けんを使って念入りに洗いましょう。

他にも、部屋の湿度を50%程度に保つことも重要と言われています。

また、流行期には、人混みを避けて行動することも効果的です。

インフルエンザは、かかると重症化するものというイメージが強いですが、なかには普通の風邪のように、軽い症状だけで終わってしまう人もいます。

インフルエンザとわかっていれば、他の人への感染を防ぐために、外出は控えますよね。しかし症状の軽い人は、自分がインフルエンザであることに気づけないので、知らずしらずのうちにウイルスをばらまいている可能性があるのです。

こうした人からの感染を防ぐには、あまり積極的に人混みに行かないことが重要なのです。

最も効果的なのは予防接種

予防接種を受けておけば、インフルエンザにかかりにくくなるだけでなく、重症化を防ぐことにもつながります。

ワクチンの効果は、だいたい5か月間ほど続くと言われています。

2019年は11月現在ですでに流行期に入ったと言われていますが、どっちみち流行期は1月くらいまで続きます。

まだ予防接種を受けていない人は、早めに受けるようにしましょう。

マスクは予防には効果がない!?

マスクをしていれば安心と思っている人もいるかもしれませんが、マスクを過信するのは危険と言われています。

マスクは、自分がインフルエンザにかかった際に、咳やくしゃみによる飛沫感染を防ぐのには効果があります。

しかし、外で蔓延しているインフルエンザウイルスのすべてを、マスクだけで防ぐことはできないと言われています。

また、マスクで鼻や口をウイルスから守れたとしても、マスクの外側にはウイルスが付いてしまいます。

帰宅してマスクを捨てる際、その部分に触れてしまうと、そこに付いていたウイルスが自らの手を介して鼻や口に入ってしまうことがあるのです。

こうした事態を防ぐには、マスクを捨てるときは耳にかける部分を持って捨てる、マスクは基本的に使い捨てる、といった工夫が必要です。

インフルエンザは布団や洗濯物からうつる?除菌法は?

インフルエンザの予防にしっかり取り組もう!

インフルエンザはすでに流行し始めていますが、本格的に冬が始まる前に、睡眠の質を高め、免疫力を上げておきましょう。

予防接種を受けたり、手洗いうがいを徹底したり、マスクの使い方を見直したりすることも重要です。

冬は楽しいイベントがたくさんあります。

インフルエンザにかかっていたら、すべてを満喫できないですよね。予防をしっかり行って、インフルエンザとは無縁な冬を過ごしましょう!


睡眠
スポンサーリンク
atsをフォローする
nete-tuka(ネテツカ)

コメント