枕カバーの洗濯頻度はどれくらい?洗濯時のポイントも紹介!

スポンサーリンク

快適な睡眠には、清潔な寝具が欠かせません。

なかでも、頭が直接触れる枕や枕カバーは、できるだけきれいにしておきたいところです。

しかし、枕は、素材によっては洗えないですし、なかなか手入れが難しいですよね。一方の枕カバーは外して洗濯するだけなので、そこまで洗いにくいものではないです。

とはいえ、枕カバーはどの程度の頻度で洗えば良いのか、よくわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、推奨される枕カバーの洗濯頻度と、洗い方について紹介します。

枕の手入れの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

枕カバーはどれくらいの頻度で洗うもの?

枕カバーをどのくらいの頻度で洗うのかというアンケート調査などの結果を見ると、最も多いのは「週1回程度」という人です。

他には、毎日洗うという人もいる一方で、月に1回程度という人もいるとのこと。

では、実際のところどのくらいの頻度で洗うのが良いのでしょうか。

じつは、枕カバーは毎日でも洗った方が良いとされています。

寝ている間、人は汗をかきます。これは頭も同様です。

頭が直接触れる枕カバーは、夜の間に思いっきり汗を吸っているので、一晩でけっこう汚れてしまうのです。

また、寝ているうちによだれなどが付いてしまうこともあります。

汗やよだれが付いたものを、何日も放置するというのは、どう考えても不衛生です。

毎日は難しくても、最低でも週12回は洗いたいところです。

なお、整髪料などを付けたまま寝てしまったときは、すぐに洗うことをおすすめします。

枕カバーを洗濯するときのポイント

そうは言っても、枕カバーを毎日洗っていると生地が傷んでしまいますよね。

ここからは、枕カバーの生地を傷めない洗い方と、汚れが目立ってきたときの対処法を紹介します。

吸水性を下げない柔軟剤や洗剤を使う

枕カバーは、汗などを吸い取る役割があります。そのため、吸水性が悪くなると、寝心地も悪くなってしまいます。

洗剤や柔軟剤は、吸水性を損ねないタイプのものを選びましょう。

洗濯ネットを使用して生地を守る

そのまま洗濯すると、生地が傷んでしまうので、洗濯ネットをうまく活用しましょう。

また、裏返して洗濯するのもポイントです。

特に、シルクなどの傷みやすい生地のときは注意が必要です。

洗濯ネットは、網目が細かいもの、二重になっているものなど、洗濯物の保護力が高いものを使ってください。

においを消すには温水で洗うのが良い!

枕カバーの嫌なにおいは、皮脂汚れが原因と言われています。

こうしたにおいを撃退するには、温水を使って洗うことが効果的です。

皮脂汚れは、40℃くらいの温水だと落ちやすくなるそうです。水よりも温水の方が、洗剤の効果もアップしますよ!

酸素系漂白剤を使うのもアリ

汚れが落ちなくなってきた、黄ばみが気になってきた、というときは、漂白剤を使いたくなると思います。

ただ、漂白剤もきちんと選んで使わないと生地を傷めてしまうので、注意してください。

どうしても使うときは、酸素系の漂白剤が良いです。

1時間くらい浸け置き洗いすることで、ほとんどの汚れがきれにさっぱり落ちます。

干すときは日陰で!

洗ったあとは、日なたで思いっきり乾かしたいところですが、直射日光を当てるのはおすすめできません。

生地が日焼けしてしまうだけでなく、ほこりなども出やすくなります。

洗い終わった枕カバーは、日陰で干すようにしましょう。

濡れた状態でしっかり広げてから乾かせば、新品のようにきれいになりますよ!

枕カバーを清潔に保って毎日を快適に過ごそう!

人は、1日の3分の1くらいの時間を寝て過ごしています。

このとき使用する枕や枕カバーが汚れていると、1日の3分の1が不快なことになってしまいます。

枕カバーは簡単に洗えるので、できるだけ頻繁に洗濯して、清潔にしておきたいですね!

また、枕カバーがきれいでないと、枕にも匂いや汚れがうつってしまう可能性があります。

丸洗いできないタイプの枕だと、手入れがなかなか難しいので、最悪の場合、買い換えるしかなくなることもあります。

枕カバーを洗うことで、枕の寿命も延ばしてあげたいですね!


スポンサーリンク
atsをフォローする
nete-tuka(ネテツカ)

コメント